カブ

カブは9月頃の秋まきがメインになります。

 

10月頃から間引きながら収穫していきます。

小カブから中カブくらいまで収穫できるスワンという品種を中心に、赤カブ、上半分がほんのりとした紫色をした「あやめ雪」、大きなものでは1キロくらいにもなる大カブなど、数種類を栽培しています。

カブはどの種類も、生食でも、煮る蒸すなどの加熱調理でもおいしいくいただけます。カブの間引き菜も非常においしいですし、大きくなったカブの葉も比較的柔らかく食べやすいので、うまく利用してください。加熱調理したカブの風味が苦手な方には生食をおすすめします。あっさりとした甘みが美味です。

春まきも作れますが、病害虫の発生が多いのと、味も秋まきに比べ味が劣ると言われているので少量の栽培にしています。

 

カブは、我が家ではポタージュスープにすることが多いです。フライパンで少量の玉ねぎをバターで炒め、そこにスライスしたカブを入れて軽く炒め、水かコンソメスープをカブの重量の半分ほど入れ、カブに火が通るまで煮ます。それをミキサーにかけ、ペースト状にしてから鍋にもどし、適量の牛乳で伸ばし、塩コショウで味付けします。これは私のやり方ですが、参考にしてみてください。

上:赤カブ。漬物にどうぞ。

 

右:紫と白のグラデーションが美しいあやめ雪。

ご購入に関するお問い合わせ、ご質問等は「問い合わせ」からご送信ください。